주요 기사 바로가기

韓国科学技術研究院、月探査ローバー試作品を公開(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.17 15:46
0
長方形の箱を2個くっつけたような2段分離型本体、6つの銀色のジュラルミン(航空機などに使われるアルミニウム合金)車輪…。韓国が2020年に月に送る探査ローバー(rover、移動型ロボット)の1次試作品が初めて公開された。韓国科学技術研究院(KIST)は月探査ローバーの基本性能を検証するための概念検証モデル(POC=Proof of Concept)と核心部品の固体潤滑ベアリング試作品を開発したと16日、明らかにした。

公開されたローバーは横50センチx縦70センチx高さ25センチ。本体の2つの部分がチェーン形態でつながり、地面の屈曲により自然に本体が曲がる。本体の壁面は軽くて丈夫なジュラルミンで作られ、残り部分には炭素繊維強化プラスチック(CFRP)が使われた。6つの車輪は半径がそれぞれ約6.5センチと、本体の大きさに比べると大きい方だ。それだけローバーの高さが高くなり、大抵の砂利は避けずにそのまま乗り越えることができる。前・後の4輪は操向が可能な「ステアリングホイール」であり、真ん中の2輪は前・後進だけが可能な車輪。研究責任者のイ・ウソプ博士はこうしたローバーのデザインについて「月の極限環境に耐えられるよう設計の焦点を合わせた」と説明した。

月は気圧がきわめて低い高真空環境だ。大気がなく宇宙放射線の影響も大きく受ける。地面がデコボコし、砂よりはるかに細かい塵が多い。昼と夜が14日に1回ずつ変わるが、温度差が300度(-170度~130度)にもなる。

こうした環境であるため、中国のローバー「玉兎」は2013年末に月に着陸してまもなく故障した。このローバーは米国の火星探査ローバー「キュリオシティ」のように本体の外に長く突出した6本の脚の先に車輪を付けた構造だ。このため地面がいくらでこぼこしていても脚の関節の角度を調整して6つの車輪をすべて接した状態に動くことができる。半面、モーターなど重要な部品が外部に露出し、相対的に故障の危険は高いほうだ。イ・ウソプ博士は「火星は地球と環境が似ている方だ。月に比べて温度差が小さく(-125度~20度)、大気があり、放射線の影響も少ない」とし「火星よりはるかに過酷な月で任務を遂行するためには、違う設計をする必要があると判断した」と述べた。
韓国科学技術研究院、月探査ローバー試作品を公開(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP