주요 기사 바로가기

築95年の建物、ソウル市が買収先送りすると中国人が…(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.16 16:59
0
95年の歴史を持つソウル西村(ソチョン)体府洞(チェブドン)の聖潔教会が岐路に立った。変化と保存の2つが衝突する景福宮(キョンボックン)付近の町の今日を体府洞教会が象徴的に見せている。3号線の景福宮駅1番出口から直線距離で80メートル。最近脚光を浴びている地域の西村には「朝鮮時代中人文化」の開放性を見せる建築物がある。赤いレンガで建てられた体府洞教会(敷地467平方メートル、142坪)は4大門内で最も保存価値が高いレンガ式建築物と評価される。1920年に祈祷室から始まり、31年に教会信者の募金で新築された。

教会は建築史だけでなく歴史・社会的に意味を持つ。時代別のレンガ造り方式が一つの建物に共存する珍しい事例だ。ナショナルトラストのキム・ウォン共同代表は「両班(ヤンバン)の村の北村だったなら、十字架塔は不可能だっただろう」とし「中人の開放的な文化が数百年間蓄積された西村であるため、王宮のそばに教会が建てられた」と述べた。

教会側は昨年夏、公共鑑定価格(26億ウォン)で建物を売却するとソウル市に提案した。西村が商圏に成長し、流動人口が増えたが、この地域を支えてきた住民の数は減っているからだ。市場の価格(40億ウォン前後)との大きな差にもかかわらず公共売却を選択したのは、保存という価値がお金より重要だという市民意識の発露だった。

複雑な意思決定過程のためソウル市が答えを先送りする間、ある中国人が50億ウォンで買い取ると提案してきた。教会の発展委員会は2日、この事案について議論した。公共売却を主張した側は力を失い始めた。ヨム・ヒスン担任牧師は「時間はあまり残っていない」と述べた。それは景福宮近隣地域の西村・北村・三清洞(サムチョンドン)すべての現実でもある。

◆変化・保存の岐路に立った体府洞教会の西村

京畿大のアン・チャンモ教授(建築学)は昨年、ソウル市の「歴史都心管理」を諮問するため、ソウル西村の体府洞聖潔教会を何度か訪問した。まずアン教授の目に入ったのは赤いレンガだった。祈祷室が1931年に教会として建築され、宣教師の影響を受け、「フランス式レンガ造り」方式が採用された。解放後には教会が増築され、英米圏の影響で「英国式造り」が活用された。その後、改・補修過程では「長手積み」で工事が行われた。今は窓となった「小さな出入口」も教会の歴史を見せている。男女別に分けられていた1900年代初期、女性は側門から教会に出入りした。

体府洞教会は朝鮮末期に中人が西欧文物を直輸入したという証拠でもある。アン教授は「日帝というフィルターを通さず朝鮮が直接近代に接し始めたことを見せている」と教会の価値を評価した。
築95年の建物、ソウル市が買収先送りすると中国人が…(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    築95年の建物、ソウル市が買収先送りすると中国人が…(1)

    2015.02.16 16:59
    뉴스 메뉴 보기
    西村(ソチョン)体府洞(チェブドン)聖潔教会(写真=イ・チャンヒョン氏提供)
    TOP