주요 기사 바로가기

俳優ヒョンビン主演ドラマ『ハイド』、衝撃的反転にも視聴率は最下位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.13 16:18
0
『ハイド・ジギル、私』の登場人物の過去の衝撃的な悪縁が公開されるも視聴率は動かなかった。

12日に放送されたSBS(ソウル放送)の水木ドラマ『ハイド・ジギル、私』第8話では、カン博士(シン・ウンジョン扮)の拉致事件の犯人がユン・テジュ(ソンジュン扮する)であることが明らかになって視聴者に衝撃を与えた。

容疑者アン・ソングン(ファン・ミンホ扮)は、ク・ソジン(ヒョンビン扮)の幼少時代の友人で、一緒に拉致された友人のイ・スヒョンだと明らかにしたが、それは実は嘘で、本当は孤児院出身であることが明らかになった。これはすべてユ・テジュが仕組んだことで、テジュはメンタル・ハッキングを通じてアン・ソングンにイ・スヒョンの記憶を移植していたのだった。テジュが実際にはイ・スヒョンであることも明かされ、視聴者には衝撃の展開となった。

テジュは書斎の本箱を開いて秘密空間に入ると、優しい笑顔を一瞬で消し、その表情にはこれまで見せたこともない冷たい笑いを浮かべた。テジュはカン博士が話した完ぺきな治療法をあざ笑い、自らの方法でソジンに苦痛と傷で与えることを予告した。

一方、13日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、12日の視聴率は6.2%(以下全国基準)を記録して同時間帯最下位という結果になった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優ヒョンビン主演ドラマ『ハイド』、衝撃的反転にも視聴率は最下位

    2015.02.13 16:18
    뉴스 메뉴 보기
    SBSドラマ『ハイド・ジギル、私』ポスター
    TOP