주요 기사 바로가기

ドバイ訪問の韓国教育部長官「人格教育が未来を左右する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.12 15:40
0
黄祐呂(ファン・ウヨ)社会副首相兼教育部長官がアラブ首長国連邦(UAE)ドバイで開催された国際行事で、人格教育の重要性を強調した。

黄副首相は9日、中東地域のリーダーなど約3000人が出席した第3回「ガバメントサミット(Government Summit)」の開幕式で演説した。潘基文(パン・ギムン)国連事務総長、クラウス・シュワブ世界経済フォーラム会長らが出席した中、黄副首相は「教育を通じた韓国の発展経験」をテーマに演説した。

黄副首相は「漢江(ハンガン)の奇跡と呼ばれる大韓民国のサクセスストーリーの秘訣は人に対する投資、すなわち教育の力だった。未来の韓国を牽引する創造経済の核心も人材を育成する教育にある」と説明した。続いて「韓国はその間、知識中心の競争で世界的な教育成果を出したが、学生の性格と道徳性・幸福などを軽視した。今後は人格教育を強化し、学生が信義、相互尊重、協同精神を学び、真の世界市民になるようにする」と述べた。黄副首相は今年下半期から施行される人格教育政策を紹介した。

ガバメントサミットとは、世界的な企業と各国の関係者が専門知識と先進事例を共有する中東地域内の最も権威がある外交行事。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ドバイ訪問の韓国教育部長官「人格教育が未来を左右する」

    2015.02.12 15:40
    뉴스 메뉴 보기
    黄祐呂(ファン・ウヨ)社会副首相兼教育部長官
    TOP