주요 기사 바로가기

江原道知事「2018平昌五輪、南北単一チーム作ろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.10 17:09
0
崔文洵(チェ・ムンスン)江原道(カンウォンド)知事(59)が、2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)で南北(韓国・北朝鮮)単一チームを作ろうという意見を明らかにした。

9日、江原道平昌アルペンシアスキージャンプ場や大関嶺(テグァンリョン)高原現地練習場では「G(Games)-3年、先に見る平昌」行事が開かれた。3年後の2018年2月9日に開幕する平昌五輪を試演し、五輪の施設を見回り、ミニ開幕式や聖火リレーをしながら大会の成功を祈る行事だ。

崔文洵知事はこの席で、「北がなんとか参加することが平和な五輪のために重要だ。(共同開催が不可能な状況で)残された方法は単一チームしかない。時間はあまりない。チームを作って練習し、メダルを獲得するには、年内には決定しなければいけないため、政府当局間の協議が行われることを願う」と述べた。

崔知事はその間、江原道高城郡を南北が共同運営可能な「南北平和特区」に指定するなど、共同開催論を主張してきた。しかし準備期間が短く、共同開催が難しくなると、単一チーム構成カードを取り出した。崔知事は先月2日の新年記者懇談会でも「光復(解放)70周年を迎え、五輪単一チームの構成、金剛山(クムガンサン)観光再開問題などをきっかけに南北関係が改善していくことを希望する」という考えを明らかにした。

これまで公式大会で南北単一チームが構成されたのは2回しかない。1991年に開催された千葉世界卓球選手権とポルトガル世界ユースサッカー選手権だ。当時、南北は「コリア(KOREA)」という名前で出場し、韓半島(朝鮮半島)旗を使った。2011年にカタール・ドーハで開催された国際卓球大会ピースアンドスポーツカップでも単一チームが構成されたが、親善大会だった。五輪やアジア競技大会のような総合大会では事例がない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP