주요 기사 바로가기

106年前の義挙現場の舞台…力いっぱい歌った『英雄』の魂(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.10 16:43
0
1/2
7日、安重根(アン・ジュングン)義士を素材にした創作ミュージカル『英雄』が初めて中国公演をした。写真は指を切って独立運動の決意を固める場面。(写真=エイコムインターナショナル)
「夢のようだ」。

安重根(アン・ジュングン)義士(1879-1910)の一代記を扱った創作ミュージカル『英雄』の制作者であり演出者であるエイコムインターナショナルのユン・ホジン代表は7日、中国ハルビンで最初の公演を終えた後、こうした所感を語った。「企画段階から義挙現場の舞台に行くことを望んでいたが、ついにその夢がかなうことになった」という。『英雄』は7日と8日、ハルビンの環球劇場で3回公演した。ハルビン駅の「安重根義士記念館」開館1周年を記念し、ハルビン市が公式招待した。殉国105年目、安義士はまたハルビンの中心に立った。

公演中、客席と舞台は熱かった。ハルビンで最も規模が大きい環球劇場の1600席を埋めた観客は、大規模な舞台と躍動的な動き、音楽に魅了された。

安重根義士が7発の銃弾で伊藤博文を狙撃した後、「大韓独立万歳」を叫ぶ場面では拍手が起こった。独立運動を助けた中国人兄妹のワンウェイとリンリンの役を演じた俳優が中国語でセリフを伝えるたびに、中国人の観客は笑いで返した。カーテンコールでは起立拍手が続いた。

ハルビン市のリュシンミン副書記は初日の公演後、「安重根義士はハルビン市民がみんな知っている英雄。改めて安重根に目に向けることになった」と話した。会社員のチャンジョオさん(59)は「偉大な英雄の話だ。祖国のために生命を捧げた愛国心が立派だ」とし、中国語講師のモンションアイさん(31)は「安重根義士が韓国の独立のためにいかに多くの仕事をしたか知った。深く感動した」と述べた。北京に住む韓国系のユン・ヘヨン(43、主婦)は「公演を見ようと3人の子どもと一緒に2泊3日の日程でハルビンに来た。チケットを手に入れるのが難しく、150万ウォン(約16万円)ほどの経費がかかったが、見ることができてよかった。韓国人であることを誇りに思う」と話した。

俳優の熱演も目を引いた。歌と群舞の完成度は最高レベルだった。安重根役を演じた俳優カン・テウルは「俳優全員が全力を尽くしているのを感じた」と語った。安重根義士記念館管理責任者であるハルビン市朝鮮民族芸術館のカンウェファ館長は「男性俳優の舞踊の実力に驚いた」と話した。
106五前の義挙現場の舞台…力いっぱい歌った『英雄』の魂(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP