주요 기사 바로가기

韓国観光公社、日本全国旅行業協会1400人を招待

ⓒ 中央日報日本語版2015.02.09 16:36
0
韓国観光公社は韓日国交正常化50周年を迎えて13日から4日間、1400人余りの日本観光関係者を招待して「韓日友好交流ツアー」行事を開催すると9日、明らかにした。

今回の行事には日本全国旅行業協会(ANTA)会長であり自民党総務会長である二階俊博氏をはじめ、ANTA会員の旅行会社、日本観光業界、政財界者などで構成された韓日友好交流団が参加する。

韓日友好交流団は行事期間中、ソウル三成洞(サムソンドン)COEXで開かれる「私の国、旅行博覧会」を訪れ、韓国旅行コンテンツを体験する。

また、14日午後にはCOEXで観光公社が主催する「韓日旅行相談会」で、両国の旅行会社や地方都市、医療機関、公演業界など80余りの機関と企業が互いにコンテンツを交換して相談する。

同日午後、蚕室(チャムシル)ロッテワールドホテルでは両国の観光業界従事者600人余りが参加する「韓日観光交流拡大会議」も開催される予定だ。

この会議では韓日両国間の地方観光の交流拡大、2018平昌(ピョンチャン)-2020東京オリンピック(五輪)に連係した共同観光マーケティング活動強化などの内容を盛り込んだ「韓日観光交流拡大宣言文」が採択されると伝えられている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP