주요 기사 바로가기

東方神起ユンホ、誕生日を迎えて世界のファンが「寄付リレー」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.02.05 10:14
0
グループ東方神起のユノ・ユンホ(チョン・ユンホ)が映画『国際市場』の出演料を全額寄付したのに続き、彼の各国ファンクラブも児童福祉の後援に参加している。

5日、グローバル児童福祉専門機関「緑の傘子供財団」は「ユンホの韓日中米4カ国のファンクラブがユンホの誕生日(2月6日)に合わせて当財団の韓国内の児童支援に参加した」と明らかにした。韓国のファンクラブ「dcinsideユノ・ユンホ・ギャラリー」は先月24日、緑の傘子供財団の協力施設である聖母自愛保育園を訪れ、昼食の提供および防寒用品・学用品をはじめ後援物品の伝達を行った。同日届けられた後援物品は、聖母自愛保育園で生活する60人余り園児に対し生活環境や学習の支援などに使われる予定だ。

世界各地で活動中のユンホの多国籍ファンクラブでも慈善活動が相次いだ。米国「東方愛美」で300万ウォン(約32万円)、日本「KACHIKAJA Be with Yunho from JAPAN」で206万ウォン、韓国・米国・カナダ連合ファンクラブ「JungYunhoFans」で363万ウォンをそれぞれ募金した。

これに先立ちユンホは、昨年12月に映画『国際市場』の出演料を全額寄付し、「すべての子供たちが夢と希望を持って成長できるように微力ではあるが力になりたい」という意向を明らかにしていた。

緑の傘子供財団のイ・ジェフン会長は「ユノ・ユンホのファンクラブ会員のあたたかい心のおかげで多くの子供たちに夢と希望を伝えることができる。前月いただいた後援支援金と物品は手助けが必要な子供たちが明るく元気に成長できるように大切に使いたい」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    東方神起ユンホ、誕生日を迎えて世界のファンが「寄付リレー」

    2015.02.05 10:14
    뉴스 메뉴 보기
    東方神起のユノ・ユンホ
    TOP