주요 기사 바로가기

韓国市場で苦戦する日本車の反撃(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.03 09:14
0
トヨタやホンダなど日本車ブランドが今年韓国市場で靴のひもを締め直している。円安基調で有利な価格競争力にもドイツ車発の軽油(ディーゼル)熱風の直撃弾を受け昨年のシェアが下落したためだ。この1年でウォン円相場は100円=1010ウォンから910ウォンまで10%近く円安が進み、日本車の韓国での価格もある程度下落したが、消費者がディーゼルを前面に掲げるドイツ車に引かれガソリンを主に燃料とする日本車メーカーから目を背けた結果だ。トヨタは昨年、前年比8%減の6840台を販売し、ホンダは販売台数が25%以上減った。

反撃に出る日本車ブランドの武器はやはり高性能の「新車」だ。ガソリン価格も1リットル当たり1400ウォン台まで下落し日本メーカーに追い風となっている。まずホンダは3月から2011年に生産を中止した7000万ウォン台の大型セダン「レジェンド」を4年ぶりに再販売する。レジェンドはホンダの高級ブランド「アキュラ」の大型セダンで、グループ内最高級モデルだ。北米ではアキュラと「RLX」として販売されている。

レジェンドは1990年代から韓国の消費者にもなじみのあるモデルだ。現在は韓国GMに名前が変わった旧大宇自動車が1994年から約5年間にわたり日本から半組み立て状態で輸入したレジェンド第2世代モデルを「アルカディア」という名前で販売したおかげだ。1995年に金大中(キム・デジュン)元大統領が2年ぶりに野党総裁として政界復帰を宣言し、アルカディアを専用車に選んだことで消費者の間で「DJ(金大中)総裁車」として名前が知られるようになった。ある自動車メーカー役員は、「1990年代に政財界のほとんどが現代『グレンジャー』に乗っていたのと比べると、当時としては破格な選択。アルカディアは4000万ウォン以上するが、3.2リットル6気筒エンジン、そして丈夫な下回りが発揮する強力な走行性能は好評を受けた」と説明した。ホンダコリアはレジェンドのガソリンモデルを7000万ウォン台で発売し、その後ディーゼル、ハイブリッドモデルも発売する計画だ。
韓国市場で苦戦する日本車の反撃(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国市場で苦戦する日本車の反撃(1)

    2015.02.03 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    ホンダは生産が中断されていた大型セダン「レジェンド」(左)を3月から再販売する。レジェンドは1990年代に旧大宇自動車が「アルカディア」(右上)という名前で販売し、金大中元大統領が愛用した車でもある。トヨタもハイブリッドモデルの「プリウスV」を前面に出しシェア回復に乗り出す。(写真=ホンダコリア、韓国GM、韓国トヨタ)
    TOP