주요 기사 바로가기

北「ウェンディ・シャーマンは外交官の仮面をかぶった悪魔」…対米誹謗戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.02 17:01
0
北朝鮮が先月28~29日、北朝鮮政策調整のために訪韓したウェンディ・シャーマン米国国務省政務担当次官を「外交官の仮面をかぶった悪魔」と名指しして誹謗攻勢をしかけた。北朝鮮の対南宣伝メディア「わが民族同士」は1日、「外交官の仮面をかぶった悪女」という論評を通じて「先月29日、米国務部政務次官のウェンディ・シャーマンが南朝鮮駐在の米大使館で開かれた言論とのインタビューで、われわれに対して人権問題だの飢えだの孤立だのという聞くに堪えない言葉を並べ立てた」とし「外交官の仮面をかぶった悪女の本性を表わして無礼無道の極限状態を見せた御託」と非難した。

「わが民族同士」は引き続き「北の人権への度重なる口出しについていえば、それこそ共和国の現実を極度に歪曲した詭弁」としながら「人権を論じるのであれば、自分が毎日のように接している米国の人権に対しても叫ばなければならないだろう」と主張した。「わが民族同士」は「シャーマンは人をけなして謀略するのに長けた女」、「66歳という老忘期と健忘症に入ったその年齢で何か完全なる意見を出せるというのか」等、シャーマン次官に対する人身攻撃性非難を浴びせた。

シャーマン次官は米国務省で政務担当として地域・両者外交を総括している。現在、彼女が韓半島(朝鮮半島)業務を担当することはないが、過去に北朝鮮政策調整官を歴任するなど北朝鮮業務に精通した人物だ。北朝鮮ハト派として知られているが、訪韓当時は一部メディアとのインタビューに対し、「自国民の人権を否定し、国民を飢えさせて経済もなく、他の国家から孤立している北朝鮮という国の現実」としながら「北朝鮮の非核化が北朝鮮政策の最優先課題」と強硬な立場を明らかにした。

北朝鮮労働党機関紙「労働新聞」も同日、「米国の支配主義の野望は変わらない」というタイトルの6面記事を通じて米国に対する誹謗攻勢をしかけた。労働新聞は「南北関係を何とかして改善し、朝鮮半島の緊張状態を緩和して平和と安定を保障しようとするわれわれの努力に、米国は冷水を浴びせて間違った方向に向かうようもてあそんだ」と主張した。労働新聞は引き続き、「関係改善は非核化に対する北朝鮮の誠意のある態度変化が前提にあるべき」等の米国当局者の話を引用して、「ゆがんだ審査を表示する形で南朝鮮当局にそれとなく釘を指し、南北関係を改善でなく対決に追い込んだ」とした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北「ウェンディ・シャーマンは外交官の仮面をかぶった悪魔」…対米誹謗戦

    2015.02.02 17:01
    뉴스 메뉴 보기
    ウェンディ・シャーマン氏(写真=中央フォト)
    TOP