주요 기사 바로가기

現代車労使、賃金体系を学びにドイツに次いで日本も訪問

ⓒ 中央日報日本語版2015.01.29 10:54
0
現代自動車労使がドイツに続いて日本を訪問し、現地自動車業界の賃金体系を直接見て回る。

29日、関連業界によると、現代車労働組合幹部や会社代表、外部諮問委員などで構成された「賃金体系および通常賃金改善委員会」は2月1日から5日まで日本の自動車業界を訪問する予定だ。

委員会は、神奈川県にある日産自動車追浜工場などを見学するほか、トヨタにおける生産職の賃金体系についても現地専門家らと会って説明を聞くと伝えられている。最近、トヨタは年功序列中心の賃金体系を若手従業員を優待する方向で賃金体系の見直し作業に着手したことが分かった。

委員会は海外訪問を終えたあと、2月末にベンチマーキング結果を発表して賃金体系の見直しについて本格的に話し合いを始める予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP