주요 기사 바로가기

【取材日記】悔しくても責任は朴泰桓にある

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.29 08:30
0
朴泰桓(パク・テファン、26、仁川市庁)は沈黙した。彼の所属事務所チームGMPは「ドーピングテストで陽性反応が出てきた」という内容の報道資料を26日に出した後、事務室の扉を閉めた。朴泰桓の法律代理人も電話がつながらなかった。報道資料では重要な事実がもれていた。どんな成分に陽性反応が出たのか明らかにせず、T病院の勧めで注射を打ったという主張ばかり繰り返した。

結局、27日の検察のブリーフィングで、朴泰桓がテストステロンが含まれた男性ホルモン注射(ネビド)を打ったことが伝えられた。これに先立ち朴泰桓側は傷害・業務上過失致傷容疑でT病院を検察に告訴した。

T病院の問題を問い詰めるのが「薬物ショック」の本質ではない。朴泰桓は昨年7月末に注射を打ち、ドーピングテストで摘発されたという事実を昨年10月、国際水泳連盟(FINA)から伝えられた。世界反ドーピング機関(WADA)はドーピング規定を破った選手の資格を最大4年間剥奪する。故意でなかったことを立証しても2年は出場できない。来年のリオデジャネイロオリンピック(五輪)への出場が難しくなった。責任を病院に転嫁するのが悔しさを訴える方法だと朴泰桓は判断したようだ。

「禁止薬物かどうか知らなかった」という医師の陳述は衝撃的だ。薬品の包装紙にはテストステロンが明示されている。ドーピング専門医でないとしてもWADAがテストステロンを厳格に禁止していることを知らなかったという言葉は信じることができない。T病院の過失が明らかになるとしても、朴泰桓は懲戒を避けるのは難しい。WADAによると、禁止薬物に対する責任は選手にある。世界的な水泳スターの朴泰桓はWADAが常に注目する選手だ。過去10年間に数十回もドーピングテストを受けている。彼がアンチエイジング・リハビリ治療専門病院の言葉だけを信じてネビドを打ったというのは理解できない。まだパズルは完成していないが、朴泰桓は沈黙している。

我々は朴泰桓を愛した。安心して練習できるプール一つも提供できない国で、五輪金メダルを獲得した彼を誇りに思った。“フィギュア女王”キム・ヨナに劣らない結果を出したが、十分な支援がなく、いつも申し訳なく感じていた。2013年に朴泰桓がスポンサーを探せなかった時、国民は約7000万ウォン(約800万円)ほど募金した。それだけにいま朴泰桓を見る人たちの思いは複雑だ。

かなり以前から朴泰桓は大韓水泳連盟の管理・監督から抜けた。ネビドを打ったことは彼の個人トレーナーさえも知らなかったという。責任はすべて朴泰桓が負わなければいけない。法廷で病院と戦うのではなく、国民の前に出て釈明し、謝罪しなければいけない。それが「マリンボーイ」を10年以上信じて応援したファンと美しく離別する道だ。

キム・シク文化・スポーツ部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【取材日記】悔しくても責任は朴泰桓にある

    2015.01.29 08:30
    뉴스 메뉴 보기
    水泳の英雄が薬物スキャンダルで崩れている。2014アジア競技大会の表彰台から降りる朴泰桓。(写真=中央フォト)
    TOP