주요 기사 바로가기

顕宗の御宝、3月還収予定「米、65年ぶりに韓国に返還」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.28 13:24
0
文定(ムンジョン)王后の御宝と顕宗(ヒョンジョン)の御宝が65年ぶりに韓国に戻るものとみられる。2つの御宝は韓国戦争(朝鮮戦争)当時に米軍兵士が違法に持ち出した重要文化財だ。2つの御宝は2000年、ロサンゼルス・カウンティ・ミュージアム(LACMA)側が競売市場から購入して所蔵し、盗難品と確認されると国土安保捜査局が2013年9月に押収してこれまで調査を進めてきたという。

これに先立ちオバマ大統領は昨年4月に訪韓した際、韓米両国が違法流出した朝鮮王室と大韓帝国の印章9点を返還することで合意したが、2つの御宝は返還対象に含まれていなかった。当時の返還対象は、大韓帝国の国宝である皇帝之宝、純宗(スンジョン)が高宗(コジョン)に太皇帝という尊号を与えて1907年に作った寿康太皇帝宝、朝鮮王室で管理任命に使っていた諭書之宝など9点だ。

朝鮮11代中宗(チュンジョン)の2人目の王妃である文定王后御宝は、亀の形の持ち手がついた金泊の印鑑で、印鑑を押す面には文定王后の尊号である「聖烈大王大妃之宝」と彫られている。

遺物処理問題で訪米中の国会教育文化観光委所属の安敏錫(アン・ミンソク)議員(新政治民主連合)は25日「現在ワシントン国土安保捜査局(HSI)で保管中の2つの御宝は近く手続きを経て韓国に返還される予定」と明らかにした。安議員は「文定王后御宝は来月のソルラル(旧正月)前後、顕宗の御宝は3月中にそれぞれ還収される予定」としながら「この御宝はワシントンにいる駐米韓国大使館で受領して韓国に戻って来るだろう」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP