주요 기사 바로가기

韓国輸出企業、今年最大の障害は「円安」

ⓒ 中央日報日本語版2015.01.27 16:27
0
韓国輸出業者が今年の重点経営目標を輸出拡大と設定したが、円安など為替レートに対する不安要因に対する懸念が深いことが分かった。

27日、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が韓国輸出企業888社を対象に行ったアンケート調査の結果によると、輸出企業は今年も世界経済の回復が不確かななかで、輸出に影響を及ぼす海外要因として「円安などの為替レート問題」(44%)を最も多く挙げた。

続いて対外的な不安要因として、中国の低成長(20%)、原油安(12%)、ユーロ圏の景気低迷(6%)等を挙げた。また、新興国の成長鈍化(5%)やエネルギー価格の変動(5%)も不安要因に挙げられた。

 
KOTRAはユーロ圏の景気低迷について、最近、「欧州中央銀行の大規模な量的緩和政策に伴ってユーロ安が続く場合、韓国製品の価格競争力の弱化が懸念されるため、これに対し適切な対策が必要だ」と分析した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP