주요 기사 바로가기

日本映画『ラブレター』、韓国でドラマとしてリメーク

ⓒ 中央日報日本語版2015.01.27 14:54
0
日本映画『ラブレター』が韓国ドラマとしてリメークされる。

27日、韓国メディアの文化日報によると、リメーク版『ラブレター』は今年下半期の放送を目指して製作に着手する。今回のリメークは韓国のドラマ製作会社HBエンターテインメントと日本の芸能企画会社アミューズが共同でドラマ製作を行うと同メディアは報じた。

HBエンターテインメントの関係者は、文化日報の取材に対し、「1995年、日本で初めて上映された『ラブレター』は今年誕生20周年を迎える。その上、一度もドラマとしてリメークされたことがなく象徴的な意味を持つだけに、日本国内では大きな関心を見せている」とし「HBエンターテインメントが韓国ドラマ『星から来たあなた』で中国市場を先導したように、『ラブレター』で低迷している日本市場に活気を吹き込むだろう」と話した。

映画『ラブレター』は岩井俊二監督の作品で、愛する恋人が死んだ後も彼を忘れることのできない渡辺博子が恋人の過去の住所に手紙を送った後、返事を受け取ったことから始まる物語だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本映画『ラブレター』、韓国でドラマとしてリメーク

    2015.01.27 14:54
    뉴스 메뉴 보기
    日本映画『ラブレター』の韓国版ポスター
    TOP