주요 기사 바로가기

【コラム】20代で人生50年の計画立てた孫正義(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.27 11:56
0
私たちが生きる上で最も多く受ける質問のひとつは将来の希望に対することだ。幼かった時は「立派で素敵な」答を探す。大統領や、医師、先生など、幼い子どもたちの将来の希望には立派に見える大人の姿が込められている。20歳ごろになるとこの質問に対する答はとても現実的なものに変わる。概してこの時期には生きることに焦点が合わせられる。公務員、大企業就職のように「安定した雇用」が多くの人たちの希望事項になる。

問題は、世の中があまりにも急速に変化しており、安定した雇用が長く続かないというところにある。大企業に入社した人たちの平均勤続年数は10年ほどという。それならその後も私たちは終わることなく「何をするだろうか」を悩まなければならない。

何をするかという根本的な質問に答える方法3種類を一緒に考えてみたい。最も簡単と言えるのがまず職を求めることだ。次に職業を選択することだ。最も難しいが最上の選択は人生の“枠組み”を立てることだ。

職場を求めるのは例えばサムスン電子、現代自動車、ネイバーなど、企業を将来の目標にするものと言える。比較的安定的に社会生活を始めることはできる。だが、ノキアやモトローラの事例のように、企業自体も無限のリスクにさらされているため私たちが期待する安定性の保障は受けにくい。また、職場を通じ自身の夢とビジョンを繰り広げることはあまりにも難しい。最近大きな人気を呼んだドラマ『未生』を見ても、構成員は巨大組織の部品としての役割をするほかない。

進路選択の次の手と言えるのは職業を選択することだ。弁護士、医師、会計士などの資格証や免許が要求される職業の場合もあり、マーケッター、プロデューサー、財務専門家などのある特定の業務の場合もある。不安定な現代企業社会で、それでも特別な能力を備えているということは自分の人生の主導権を持っていると言えるだろう。だが、専門性を備えたり資格を備えたりするために傾けなければならない努力に比較するとその相対的な成就を得るのはますます難しくなっているのが韓国社会の現実だ。難しく厳しい司法研修院の卒業生の就職率が43%にすぎないのがその反証と言える。
【コラム】20代で人生50年の計画立てた랑正義(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】20代で人生50年の計画立てた孫正義(1)

    2015.01.27 11:56
    뉴스 메뉴 보기
    孫正義ソフトバンク会長
    TOP