주요 기사 바로가기

韓国10大グループ企業、時価総額14兆6000億ウォン減少

ⓒ 中央日報日本語版2015.01.26 10:42
0
韓国の10大グループ企業の時価総額が昨年減少したことが分かった。

韓国取引所によると、資産総額上位10グループ(公企業除外)の上場企業の時価総額規模は2013年末733兆5948億ウォンと、昨年末の718兆9925億ウォンに比べ14兆6000億ウォン(-1.99%)減少した。

時価総額の減少率が最も大きいグループは現代重工業だった。現代重工業グループの時価総額は2013年末の23兆8825億ウォンから2014年末には10兆8039億ウォンと54.76%減少した。次いでロッテ(-26.17%)、GS(-18.56%)、現代車(-16.51%)、LG(-5.80%)などの時価総額減少率が大きかった。

これに対し韓進グループ、SKグループ、サムスングループは時価総額が増えた。韓進グループの時価総額は2013年末の3兆8024億ウォンから昨年末には6兆8950億ウォンと81.33%増えた。SKグループとサムスングループの時価総額はそれぞれ12.73%増、9.36%増となった。

時価総額が最も大きいグループはサムスンで、昨年末基準で347兆8595億ウォンだった。次いで現代車(121兆6235億ウォン)、SK(91兆896億ウォン)、LG(67兆7167億ウォン)などの順となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP