주요 기사 바로가기

アップル、韓国スマートフォン市場占有率33%に急上昇…サムスン脅かす

ⓒ 中央日報日本語版2015.01.23 10:28
0
アップルが韓国スマートフォン市場で占有率30%を突破したことが分かった。

22日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は香港インフラ市場調査機関カウンターポイント・リサーチの報告書を引用しながら「昨年11月、韓国市場におけるアップルの占有率は33%に急騰し、従来の占有率15%を大きく上回ったとし、アップルがサムスン電子の本拠地・韓国を脅かしている」と伝えた。

これによると、iPhone6とiPhone6プラスの発売前は15%に過ぎなかったアップルの韓国市場占有率が昨年11月基準で33%まで上昇した。アップルは同期間14%の市場占有率を記録したLG電子を抜いて2位に入った。

サムスン電子は依然として1位を維持したが占有率が60%から46%に落ちた。アップルとの格差が13%ポイントに縮まったのだ。

カウンターポイント・リサーチ側は、韓国市場はこれまでサムスン電子が掌握していたが、アップルのiPhone6とiPhone6プラスがライバル企業等の領域を蚕食していると伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アップル、韓国スマートフォン市場占有率33%に急上昇…サムスン脅かす

    2015.01.23 10:28
    뉴스 메뉴 보기
    アップルのiPhone6シリーズ(写真=アップルのホームページ)
    TOP