주요 기사 바로가기

「アデン湾作戦」ソク船長、自分に銃を撃った海賊に会って抱擁

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.21 16:53
0
21日は2011年1月に海軍清海部隊がソマリアの海賊に乗っ取られた三湖(サムホ)ジュエリー号(1万トン)の船長と船員ら21人を劇的に救助した「アデン湾の黎明」作戦が4周年を迎える日だ。その4周年を1週間後に控え、大田(テジョン)刑務所では意味のある面会があった。

14日午後2時。大田刑務所の家族接見室に三湖ジュエリー号の船長だったソク・ヘギュン海軍教育司令部安保教育担当官(副理事官)が誰かを待っていた。自分の命をかけて船員を救い、「ソク船長」を固有名詞のようにした人物だ。しばらくすると、青い囚人服を着た黒人の男が入ってきた。救出作戦当時にソク船長を銃で撃った容疑で、2011年末に最高裁で有罪が確定したムハンマド・アライ服役囚(27)だった。アライ服役囚の左側の胸には囚人番号(3-6428)と書かれていた。

救出作戦当時、海賊13人を掃討し、5人の身柄を確保したが、ソク船長は海賊に銃で撃たれて生死の境をさまよい、13日後に劇的に意識を回復した。4年ぶりの再会だったが、2人はお互いを覚えていて抱擁した。ソマリア語を話すパク・フンヨル刑務官の通訳で2人は対話をした。

ソク氏=体の具合はどうか。

アライ服役囚=(刑務所で)仕事もして、生活が良くなった。あまりにも貧しくて、海賊行為が悪いことも知らず、妻子を養おうとして捕まった。船長に本当に申し訳なく思う。

ソク氏=ここから戻れば、生業に役立つよう技術をしっかりと学んでほしい。

アライ服役囚=感謝している。ソマリアの家族がどのように暮らしているか心配だが、戻れるかどうか分からない。

ソク氏=誠実に生活すれば減刑されることもある。

アライ服役囚=死亡した海賊のボスと数人が残忍なことをし、本当に申し訳ない。

ソク氏が鎮圧作戦当時を振り返ると、アライ服役囚は「韓国海軍の鎮圧作戦は非常に恐ろしく、降伏するしかなかった」と話した。ソク氏は「一緒に収監中の同僚にも早く家族に会える日がくることを望む」と話した。約1時間の面会が終わる頃、2人は再び手を握って抱擁して別れた。

ソク氏は20日、中央日報の電話インタビューで、「当時は私が海賊アライの捕虜だったが、今はアライが私の捕虜になったようだ」とし「私は彼に銃で撃たれて死ぬところだったが、もう一度会うのが運命だと考えて彼に会った」と伝えた。アライ服役囚のために善処してほしいという嘆願書を出したソク氏は「過ちを犯したが、20代の若者だから、必要な技術を学び、いつかソマリアに帰る時の準備をすればいい」と語った。

ソク船長とアライ服役囚の面会は25日午後8時30分、JTBC『特集ドキュメンタリー秘話-アデン湾黎明作戦7日間の記録』(演出カン・ミンソク、イ・ミョンソプ)で放映される予定だ。イ・ミョンソプ氏は「清海部隊特殊戦要員がヘルメットに装着したカイショット(KAISHOT=無線映像送受信装備)で撮影した作戦当時の映像も最初に公開する予定」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「アデン湾作戦」ソク船長、自分に銃を撃った海賊に会って抱擁

    2015.01.21 16:53
    뉴스 메뉴 보기
    ソク・ヘギュン元三湖ジュエリー号船長(右)が14日、大田刑務所でムハンマド・アライ服役囚と面会した後、手を握って笑顔を見せている。(写真=JTBC)
    TOP