주요 기사 바로가기

韓国、貧困高齢者の比率が50%に迫る

ⓒ 中央日報日本語版2015.01.21 10:54
0
韓国の高齢者貧困率が50%に迫り、全体平均より3.5倍高いことが分かった。

このような分析は韓国保健社会研究院が「保健福祉イシュー&フォーカス」最新号に発表した報告書「最近の貧困および不平等推移とその示唆点」で21日、公開された。

韓国保健社会研究院の「2014貧困統計年譜」や統計庁の「家計動向調査」を分析した結果、2013年の高齢者貧困率は48.0%で全体貧困率13.7%より3.5倍高かった。

貧困率は可処分世帯所得を基準として中位所得の50%以下に属する比率を示す。全体貧困率は2012年14.0%から2013年には0.3%ポイント低くなったが、老人貧困率には変化がなかった。

単身高齢者のケースを反映するように、老人層とあわせて単身世帯の貧困率も47.2%を記録した。また、女性が世帯主である世帯における貧困率も32.5%で、一人親世帯の貧困率も18.5%で全体平均よりも高かいことが分かった。

研究院は「人口類型別の貧困率は高齢者、単身世帯、女性が世帯主の世帯、一人親世帯の順に高く、これら集団の特性に合うオーダーメード型貧困緩和政策が必要だ」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP