주요 기사 바로가기

イスラム国「2億ドル支払わなければ日本人2人を斬首」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.21 07:48
0
イスラム過激派組織「イスラム国」が20日(現地時間)、72時間以内に2億ドルを支払わなければ拘束中の日本人の人質2人を斬首すると脅迫する映像を公開した。

イスラム国が運営するアルバヤン放送を通じて公開されたこの映像で、覆面をした男は左手に刃物を持ったまま英国風アクセントの英語で「日本の首相へ」と言いながら話し始めた。日本人2人はオレンジ色の服を着て、後ろに手に組んだままひざまずいていた。

覆面の男は「あなた(安倍首相)はイスラム国から8500キロ以上離れたところにいるかもしれないが、自ら(イスラム国に対抗する)十字軍に加わることを志願した。あなたは我々の女性と子どもを殺害し、イスラム教徒の家を破壊するのに1億ドルを誇らしく寄付した。イスラム国に対抗する兵士を訓練するためにまた1億ドルを寄付した。日本の国民よ。あなたたちの政府の愚かな決定のため、あなたたちは2人の命を救うために、72時間以内に日本政府に対し、我々に(寄付金額と同じ)2億ドルを支払うよう圧力を加えなければいけない。そうでなければこの刃物が悪夢となるだろう」と述べた。

時事通信は20日、「これは17日にエジプトを訪問した安倍首相が演説で『イスラム国対策として2億ドルの支援をする』と述べたことに対する報復措置とみられる」と指摘した。

日本政府はこの日、映像が公開された直後、首相官邸内の危機管理センターに対策室を設置し、現地情報の収集に動いた。安倍首相も20日、パレスチナのアッバス議長との会談のみ消化し、急きょ帰国することにした。また安倍首相は歴訪中のイスラエル現地で緊急会見を行い、「(イスラム国の身代金要求関連)テロに屈せずに対応していく必要がある」と述べた。

2人の日本人のうち1人は湯川遥菜さん(42)と確認された。男性から女性に性転換した湯川さんは昨年1月、民間軍事会社PMCを設立して経営し、昨年6月に自発的にシリアに向かった。

別の1人は1996年に映像通信会社「インディペンデント・プレス」を設立したジャーナリストの後藤健二さん(48)と確認された。後藤さんは中東とアフリカを中心に戦争および難民問題を取材してきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP