주요 기사 바로가기

<アジアカップ>韓国の負けない“沼サッカー” 評価は…(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.20 15:39
0
“沼サッカー”。17日、アジアカップグループリーグA組第3戦の韓国-豪州戦が終わると、この言葉がインターネットポータルサイトのリアルタイム検索語の上位に入った。

シュティーリケ監督(61)が率いる韓国代表のサッカースタイルをこのように表現したのだ。韓国はアジアカップグループリーグ3試合でわずか3ゴールだけだが3勝をつかみ、組1位で8強入りした。オマーンとクウェートを1-0で破ったのに続き、優勝候補の豪州にも1-0で勝った。

韓国サッカーを「沼サッカー」と定義したファンは「強いチームも弱いチームも韓国と対戦すれば沼に落ちたようにもがいて負けるという意味でこのように名づけた」とコメントした。別のサッカーファンは沼サッカーを「泥臭く先制ゴールを入れた後、相手チームがちぐはぐなプレーで無駄に時間を使い、終盤に目覚めた相手選手が決定的なチャンスを迎えるが、韓国GKが突然ノイアーになるサッカー」と整理した。豪州戦で好セーブを見せたGK金鎮鉉(キム・ジンヒョン、28、セレッソ大阪)を2014ブラジルワールドカップ(W杯)優勝国ドイツのGKマヌエル・ノイアー (29)に例えたのだ。泥を意味する「マッド」にスペインのパスサッカー「ティキタカ」を合成した「マッドタカ」という言葉も登場した。

韓国の沼サッカーに対する評価は分かれる。「勝ったが内容は落第点」という主張もあり、「結局は勝者が強い」という声もある。具滋哲(ク・ジャチョル、26、マインツ)は豪州戦の後、「競技がうまいチームが強いチームということではなく、勝つチームが強いチーム」と語った。実際、シュティーリケ監督は「1-0の勝利」より「2-1の勝利」を好む。ボールポゼッションを高めることを望み、攻撃的なサッカーを目指している。しかし今大会は李青竜(イ・チョンヨン、27、ボルトン)と具滋哲がけがでチームを離脱し、孫興民(ソン・フンミン、23、レバークーゼン)が序盤に風邪に苦しんだ。主軸の選手が抜けたため“沼サッカー”をするしかなかったという分析もある。シュティーリケ監督は、「今後も1-0の勝利で優勝するのでは」という質問に対し、「一度は2-0で勝たなければいけないが」と笑いながら答えた。

ドイツ代表とレアル・マドリード(スペイン)で名DFだったシュティーリケ監督は「攻撃がよいチームは試合に勝つが、守備がよいチームは優勝する」という哲学も持っている。シュティーリケ監督は昨年12月の大韓サッカー協会技術カンファレンスで「ボールを保有していなくても相手選手との距離を4メートル-4メートル83センチに維持して圧力を加えなければいけない」と強調した。「センチ」単位まで使いながら守備を強調した。

シュティーリケ監督のこのような守備哲学は豪州戦で光った。韓国は▼有効シュート(3-6) ▼ゲーム支配率(32.9%-67.1%) ▼パス成功率(68.6%-87.7%) ▼パス回数(255回-514回)と、すべて豪州を下回った。韓国は前半32分、李庭協(イ・ジョンヒョプ、24、尚州)が先制ゴールを決めた後、ゾーンディフェンスを見せた。結局、第1・2戦で8得点した豪州を無失点に抑えた。
<アジアカップ>韓国の負けない“沼サッカー” 評価は…(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <アジアカップ>韓国の負けない“沼サッカー” 評価は…(1)

    2015.01.20 15:39
    뉴스 메뉴 보기
    シュティーリケ監督
    TOP