주요 기사 바로가기

韓国の「モノのインターネット」核心技術、中国にもおされる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.20 14:02
0
今年成長軌道に乗ると予測されている「モノのインターネット(IoT)」の核心技術のひとつであるセンサー分野で、韓国は中国よりも競争力が落ちることが明らかになった。IoTプラットホーム競争力は米国に、ハードウェア生態系は中国におされるという評価だ。このままでは情報技術(IT)強国である韓国がIoT後進国に転落しかねないとの指摘も出ている。

19日、韓国産業通商資源部と電子部品研究院によると、世界センサー市場における韓国の占有率は2013年基準1.7%にとどまった。2.9%を占める中国にも及ばない規模だ。米国(31.8%)日本(18.6%)ドイツ(12.2%)などの3カ国が60%以上を占有し、世界センサー市場を主導している。韓国のセンサー技術力は米国の63%水準に過ぎないというのが電子部品研究院の分析だ。技術力が低いため先端センサーを生産できず、国内需要の大部分である80%以上を輸入に頼っている。

センサーは有・無線通信網や人工知能などのインターフェース技術とともにIoTの核心をなす3大技術だ。モノとモノが自由に情報をやりとりするIoTで、情報を生成し獲得する重要な役割を果たす。人に例えると、目や耳、皮膚などの感覚器官に該当する。IoTプラットホーム競争では米国におされるかもしれないという心配の声が高い。モバイル時代にハードウェアとソフトウェアをそれぞれ掌握したサムスン電子とグーグルの激しい競争が予想されるなか、グーグルが有利だという分析だ。家電やスマートフォンを自ら生産しないグーグルが世界のさまざまな家電・モバイル機器メーカーと協業して生態系をかんたんに拡大していけるためだ。

韓国はハードウェア起業生態系も脆弱だ。IoT産業を主導するためにはインターネットにつなぐことのできるさまざまなハードウェア製品開発が活発に行われなければならない。ハードウェア生態系では世界の工場として地位を築いた中国が当然のことながら先んじている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP