주요 기사 바로가기

票のため…国会で握りつぶした「保育園CCTV」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.19 14:32
0
セヌリ党と保健福祉部が16日「保育園児童暴力の根絶対策」を発表した。金武星(キム・ムソン)セヌリ党代表と文亨杓(ムン・ヒョンピョ)福祉部長官はこの日、ソウル江西区(カンソグ)のある保育園を訪れて▼保育園のCCTV設置義務化▼児童虐待保育士の処罰強化などを骨子とした暴力根絶対策を出した。

だが中央日報が確認した結果、2013年に保育園の保育士2人が17カ月の女児に血豆ができるほど暴行した「釜山(プサン)保育園虐待事件」の前後に保育園CCTV設置義務化法案が国会に提出され、国会がこれを審議していたが保育界の反発を意識した議員がブレーキをかけて法案自体が廃棄になっていたことが分かった。セヌリ党の朴仁淑(パク・インスク)議員は2013年3月に保育園のCCTV設置義務化を骨子とした乳幼児保育法改正案を発議した。その後、児童虐待問題がイシューに浮び上がりながら国会保健福祉委員会が法案審議に出たが、法案審査小委が6月18日に法案を廃棄させた。当時の速記録によれば新政治民主連合の金聖珠(キム・ソンジュ)議員は「国会議員の部屋にカメラを設置して国民に監視しろといえば私たちも賛成できるか」という論理で反対した。同党の南尹仁順(ナムユン・インスン)議員は「CCTVを通じて児童暴力を予防できるかとても疑問だ。監視された空間は愛のあふれる空間にはなりにくい」と主張した。セヌリ党のシン・ギョンニム議員も「子供の安全と予防も重要だが、保育士の人権も大変重要だ」と話した。

セヌリ党の金賢淑(キム・ヒョンスク)・新政治連合の崔東益(チェ・ドンイク)議員は「深く議論してみる必要がある」としたが、セヌリ党所属の柳在仲(ユ・ジェジュン)小委員長は「さまざまな委員が反対すれば、CCTVはできないことになる」と整理した。

当時、審査に参加したある関係者は「全国的に保育園の数があまりにも多い上に、園長が保護者に及ぼす影響も少なくないために、議員が園長の顔色をうかがうほかはなかった」と話した。実際に当時法案を発議した朴仁淑議員の部屋には「保育園の保育士たちを予備犯罪者とみているのか」「必ず落選させる」などの抗議の電話が殺到したという。

2013年4月公務員に対し保育園長の横領や保育士の児童暴行などを処罰できる権限を与える法案を発議したセヌリ党の李雲竜(イ・ウンリョン)議員室にも「燃やして殺す。皮をはがいでやる」という脅迫電話が続いた。李議員に同意して法案に署名したほかの議員も同様だった。結局、李議員を除く議員9人が法案への署名を撤回して法案は自動廃棄された。

この日、党政調が保育園のCCTV設置義務化を核心対策に出し、新政治連合の白在鉉(ペク・ジェヒョン)政策委議長も「すべての保育園にCCTVを設置するよう法を改正しなければならない」と賛成の立場を明らかにしたが、関連法案を通過させるまでは難航が予想される。ある与党議員室の関係者は「地方区議員が保育園の園長の顔色をうかがわなければならない事情は変わっていないので法案通過が順調とはいかないだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP