주요 기사 바로가기

香港でユニクロ押しのけた韓国企業イーランド

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.19 11:41
0
韓国のイーランドグループが、中国と台湾に続き香港にも進出して全中華圏に領域を広げた。

イーランドは香港のD-PARKショピングモールに5ブランドの売り場を集めた複合館をオープンさせて16日にセレモニーを行った。5500平方メートル規模の複合館には「SPAO」「WHO.A.U」「TEENIE WEENIE」「K-SWISS」「Palladium」が入店した。イーランドのパク・ソンギョン副会長は、チョ・ヨンチョン香港総領事らとともに行ったセレモニーで「複合館のオープンをはじめ、より多くのブランドを進出させて最高の製品とサービスを提供する」と話した。

D-PARKは香港セン湾地域のランドマーク的な大型ショッピングモールで、現地の有名不動産・流通企業ニューワールドグループが運営している。イーランド関係者は「当初この場所にはユニクロが入店を推進していたが、イーランドの成長可能性のほうが高く評価されてこちらに決まった」と伝えた。

イーランドは「正式オープンに先立ち行った3日間のプレオープン行事に計10万人が来店した」として「プレオープンが話題になると香港の別のショッピングモール4~5カ所から追加の入店要請が入ってきて交渉中だ」と伝えた。

イーランドは今後、尖沙咀、銅鑼湾(コーズウェイベイ)など香港中心街に進出を拡大して2020年には香港だけで売り上げ年1兆ウォンを達成する計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    香港でユニクロ押しのけた韓国企業イーランド

    2015.01.19 11:41
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ソンギョン副会長(左)チョ・ヨンチョン香港総領事(右)(写真=韓国経済新聞社)
    TOP