주요 기사 바로가기

保育所の児童に暴行容疑の保育士を拘束=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.18 11:25
0
保育所の児童を暴行した容疑を受けている仁川(インチョン)市内の保育所の女性保育士が17日、警察に拘束された。

女性保育士に対する令状実質審査をした仁川地裁はこの日、「犯罪容疑が疎明され、証拠隠滅と逃走の恐れがある」として拘束令状を発行した。

女性保育士は児童を一度暴行したのは事実だと認めたが常習的な暴行に対しては全面的に否認した。女性保育士は令状実質審査に先立ち取材陣に会った席で「児童への暴行は初めてで、悪意を持って殴ったのではない。ぬぐうことのできない傷を与え申し訳ない」と話した。また、「やってもいない行動が膨らんだ側面があるがそのように見えることもあると考える。くやしいということではない。愚かな行動をして申し訳ない」と話した。

女性保育士は8日、4歳の児童が昼食でキムチを残したという理由でほおを強く殴った容疑を受けている。また、児童がお遊戯がうまくできないという理由で肩を押して倒し、昼寝時間に児童にふとんと枕を投げるなど虐待した容疑も受けている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    保育所の児童に暴行容疑の保育士を拘束=韓国

    2015.01.18 11:25
    뉴스 메뉴 보기
    監視カメラに撮影された児童暴行の場面。
    TOP