주요 기사 바로가기

ハンファ、大分県で太陽光発電所を稼働

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.16 13:55
0
ハンファが日本の大分県で大規模な太陽光発電所を稼動し、日本の太陽光発電市場の攻略に出た。

ハンファQセルズジャパンは15日、大分県杵築市に24メガワット(MW)級の太陽光発電所を竣工して稼働に入ったと発表した。年間7190世帯が使える規模だ。

ハンファエネルギーとハンファQセルズジャパンが共同投資した杵築発電所は、ハンファの日本国内で3つ目の民資発電事業として2013年10月に着工し、今年1月から電気を生産中だ。29万9940平方メートル(約9万坪)の敷地で9万7000枚余りの太陽光モジュールが投入された。

ハンファQセルズジャパンの金鍾瑞(キム・ジョンソ)社長は「杵築発電所の稼働を機に太陽光モジュールだけでなく太陽光事業全般で事業主導権を強化していく」と話した。会社側は杵築発電所が遊休地である山の急斜面につくって平地にある発電所に比べ土地費用などをかなり削減し、現地で注目されていると説明した。

ハンファQセルズジャパンは杵築発電所の稼働をはじめ日本国内で太陽光発電所事業を強化するという方針だ。ハンファ関係者は「数年以内に日本国内の太陽光発電所の規模を100メガワットに拡大する計画」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP