주요 기사 바로가기

【コラム】香港魅了したイチゴ「ソルヒャン」、農業韓流の進む道だ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.16 09:39
0
「1滴でも筒の中に!」

1970年代、公衆便所に張られていた文面だ。白色プラスチックのバケツも共に置かれており、ここに小便を集めた。ここから抽出した「ウロキナーゼ」成分は痛風治療剤の原料として当時1キロ2000ドルで売れる高付加価値の輸出品目だった。韓国は原油は1滴も出ないが、石油製品を輸出し、貧弱な鉄鉱石生産にも自動車の輸出強国に選ばれる。光復(解放)後、当然な輸出品目さえなかった難しい時期を勝ち抜いて2万5000倍を超える輸出の成長を成し遂げた。貿易規模1兆ドル、世界の輸出順位7位を記録して再び奇跡を形にしている。

農食品の輸出もやはり粘り強い成長の勢いを見せている。2014年(1月~11月)、農食品輸出は56億4000万ドルで前年同期比8.6%増加した。世界的な景気低迷と円安による困難の中でも善戦した。最近5年間で新興市場の輸出が20%以上大きく伸びて、中国が日本に続き輸出主力国に浮上している。根参(プリサム)や紅参(ホンサム)ドリンクなど高麗人参製品は香港と日本の需要が増加している。

梨・イチゴ・甘柿のような果物の輸出も持続的に増加している。米国産と競争している国内産イチゴは、高い糖度と甘い香りを武器に東南アジア地域で人気を集めている。昨年末にはイチゴの「ソルヒャン(雪香)」品種を航空の代わりに船舶で香港に輸出する技術開発に成功し、低いコストで新鮮なイチゴを大量輸出できる道が開かれた。

合わせて“韓流熱風”が農食品輸出の急成長を後押しして中東や欧州、南米など未開拓市場まで導いている。さくっとした食感で品質が高い韓国産の梨は、感謝祭向け贈答品としても活用されている。また昨年8月から米国に輸出している参鶏湯(サムゲタン)や韓国式バーベキューソースなど東洋の味を加えた農食品も良い反応を得ている。

それでもまだすべき事が多い。農村振興庁は今年一年、輸出農業を強化する。1月に輸出農業支援課を作って農食品や農業技術の輸出に積極的に取り組む。これと共に戦略品目の発掘や品種・安全性・鮮度維持などの核心技術開発に拍車をかけている。

輸出農業に成功するには足どりを早めなければならない。輸出の有望品種と栽培技術を普及させて生産性を高め、長時間新鮮に保存できる技術を開発して損失率を低くしながら輸出品目を広めなければならない。韓国の農産物は品質が均等で安全な農産物だという認識も共に植え付けることが重要だ。

山を動かすには小さな石を持ち出すことから始めなければならないという孔子の言葉のように、輸出農業強国という大きな夢に向けた土台を固めていくべきだ。競争力で地を踏み固めれば、農家所得という幹にしたがって農産物輸出という甘い実を結べるはずだ。

輸出農業を超えて韓国農業自らの力を育てて食糧を守ることで「完生」という大きくて遠大な志を成し遂げられるように、一つの心で「乗風破浪」という一年になるよう願ってみる。

イ・ヤンホ農村振興庁長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP