주요 기사 바로가기

殺人犯の5%は家族…先進国の2~3倍=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.15 11:03
0
今月13日、京畿道安山(キョンギド・アンサン)の多世代住宅で起こった人質劇は人質2人が殺害されるという悲劇で終わった。被疑者のA(47)が別居中の妻を呼ぶように求め、警察と対立するなか凶器を振り回して妻の元夫と養女が命を失った。同8日にはソウル恩平区(ウンピョング)で別居中だった妻が離婚を要求すると自身の11カ月の娘を監禁して「殺す」と脅迫したB(51)が警察に捕まった。さらに遡って同6日にはソウル瑞草洞(ソチョドン)で妻と2人の娘の首を絞めて殺害したC(48)が逃走6時間余りで捕まった。わずか8日の間に相次いで発生した「家族犯罪」だ。

尊属・卑属殺害など、家族を対象に暴力を犯す犯罪が急増している。韓国警察庁の統計によると、家族犯罪は2008年1132件から2011年933件と減少傾向を示した後、2012年から再び増加している。2012年1036件、2013年1142件が発生した。特に最近6年間、毎年平均1143件の殺人事件が発生しているが、このうち家族殺害は毎年平均56件だった。殺人事件の約5%が家族の間で起きているということだ。米国(2%)や英国(1.5%)等に比べて数値が高い。類型別には家族暴行が3352件で最も多かった。続いて傷害(2292件)、殺害(336件)、脅迫(224件)等の順だった。

最近、家族犯罪が増加している理由は何か。専門家は「経済的な理由」を真っ先に挙げた。ソウル地方警察庁検視官のチョン・ソングク博士は「10年前と比較して低成長が続く最近では、経済問題によって家族犯罪を起こすケースが増えた」と説明した。

京畿(キョンギ)大犯罪心理学科のイ・スジョン教授は「経済的な理由で結婚などが破綻した場合、家族を利用して金銭的補償を受けようとする心理が働く」とし「保険殺人や遺産相続を狙った尊属殺人などがこれに該当する」と説明した。

増える「精神疾患」も原因として取り上げられている。ソウル地方警察庁が昨年発表した「韓国の尊属殺害と子息殺害の分析」によると、尊属殺害の原因のうち精神疾患と関連のある場合は全体の40%に達する。チョン博士は「先進国型の病気として過去によく知られていなかったうつ病などに対する診断が、最近、犯罪原因として高い傾向を示している」と説明した。半面、過去の家族犯罪の主な原因だった「配偶者の浮気」は大幅に減った。

「親に対する高い依存度」と「家父長的な家庭文化」等の韓国的な文化特性が家族犯罪を誘発しているという見解もある。子供の問題が解決できないのを親のせいにして親を殺害したり、親が子供を所有物と考えて子供と心中を試みる事例などが代表的だ。チョン博士は「親が子供を殺害して自殺するケースは韓国だけでよく見られる特性」としながら「家庭不和が高まる名節を前後に家族犯罪発生率が高く、子供のころに親から受けた家庭暴力が心の傷となって犯罪につながるケースもある」と話した。

家族犯罪を減らすためには制度的な対策づくりと意識の変化が急がれるとの指摘もある。イ教授は「ささいな家庭暴力事件でも大型犯罪につながる可能性があるため警察など捜査機関が積極的に介入して強制処分を下さなければならない」とした。ソウル大医大法医学科のユ・スンホ教授は「子供を独立した人格体として認識する文化を定着させる必要がある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP