주요 기사 바로가기

95点保育園の1級保育士が4歳女児を殴り飛ばす=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.15 10:31
0
◆でたらめな保育園評価=松島の保育園は福祉部の評価認証で全国平均(93.7)、延寿区(ヨンスグ)平均(94.25)よりも高い点数だった。昨年12月に保育士が2歳児を「昼寝をしない」という理由で投げ飛ばして問題になった仁川南洞区(インチョン・ナムドング)の保育園の点数は94.33点だ。そのおかげで、ここは2008年1月から昨年まで3回連続で認証を受けた。

評価認証制は安全で質の高い保育を提供するために政府が評価・認証する制度だ。だが施設やプログラム評価にとどまって児童虐待など保育の問題点をしっかり排除できていない。5歳・2歳の2人の娘を保育園に預けているワーキングマザーのアン・サンミさん(昌原市、38)は「保育園を選ぶ際に直接相談にも行ったが評価認証の点数を見て認証した所は安全だと思っていたが、これからは何を信じればいいか分からない」と話した。

福祉部関係者は「評価認証制度は保育園の施設と安全性、教育プログラムを評価したもの」としながら「評価認証とは別に保育園・幼稚園の統合情報公示システムを通じてCCTV設置の有無、児童虐待の前歴などを公示する計画」と明らかにした。

今回の事件を機に保育園内のCCTV設置を義務化するなど短期的対策が急務だという声が高まっている。4月に保育園内のCCTV義務化などを含めた乳幼児保育法の改正案が発議されたが現在国会に係留中だ。福祉部保育基盤班課のパン・ソクベ課長は「CCTVの義務化については長く議論されてきたが、個人情報の保護など反対世論も多く推進できなかった」として「仁川事件を機に原点から検討する」と明らかにした。
95点保育園の1級保育士が4歳女児を殴り飛ばす=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP