주요 기사 바로가기

安倍首相、4~5月の訪米時に真珠湾訪問を検討

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.15 09:06
0
日本の安倍晋三首相が4~5月に予定されている訪米期間中に、歴代の日本首相として初めて太平洋戦争の勃発現場であるハワイ真珠湾の訪問を検討していると毎日新聞が14日報道した。

今年、日本の敗戦70周年を迎えて再び戦争を起こさないという覚悟を対内外に誇示するための象徴的な場所として適切だという判断に従ったものだ。

日本は1941年12月に海軍航空隊と特殊艦艇を動員して真珠湾の米国太平洋艦隊を奇襲攻撃した。この時2000人以上の米軍が死亡した。毎日新聞は「不戦の誓いとともに(安倍首相)自ら主張する『積極的な平和主義』に対する国際社会の理解を得ようという策略がある」と分析した。積極的な平和主義は、軍事力の拡大を通じて国際・安保問題に積極的に介入して自衛隊の役割を増やすことを骨子としている。

安倍首相は真珠湾の訪問と共に第2次世界大戦の終結過程で日本が連合軍と締結した「サンフランシスコ講和条約」の舞台であるサンフランシスコを訪問する案も検討中だと新聞は付け加えた。

韓国・中国だけでなく米国などの西側諸国が安倍首相の歴史修正主義に対する憂慮を表わしている状況で、安倍首相自らこうした憂慮を払拭させる切迫感を持っているためという分析が出てくる。

米国内では2012年12月の安倍首相の靖国神社参拝以降、「連合軍による東京裁判でA級戦犯に指名された者たちを合祀している靖国を遠慮なく参拝するのは、戦後の国際秩序を規定したサンフランシスコ講和条約を守っていないという意味ではないのか」という批判が提起された。

一方、日本のある高位消息筋は「安倍首相は日本の首相として初めて米議会の上下院合同演説を成功させるために、米国側と水面下で交渉を進行中」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP