주요 기사 바로가기

サムスン、イ・ドンテ氏を招聘…アップルとのデザイン競争で切り札

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.15 09:03
0
「21世紀の経営の最後の勝負所はデザインだ」。

李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長が1996年にした話だ。この時からサムスン電子はデザインに力を入れた。しかし名品になるための最後の2%であるデザインの壁は高かった。サムスンのデザインは好評と酷評を行き来した。その間にアップルはデザインを羽根にして飛んだ。サムスン電子が最後の勝負のための刃をまた研いでいる。製品1~2個ではなく根本的な革新を通じてだ。

サムスン電子は最近イ・ドンテ氏をデザイン経営センターグローバルデザインチーム長(専務)として迎え入れた。弘益(ホンイク)大学産業デザイン科とロンドン王立芸術学校を出たイ氏は世界的デザイン会社である英タンジェリンの共同代表を務めた。タンジェリンは「iPhone」のデザインを主導したアップルのデザイン総括(首席副社長)を務めるジョナサン・アイブ氏が作った会社だ。アップルが持つタンジェリンのデザイン革新DNAをサムスンにも植え付ける戦略だ。

彼が注目される理由は単純なデザイナーでなく「デザイン経営者」であるためだ。彼の代表作品はブリティッシュエアウェイズのビジネス席だ。S字形に組み合わせた座席で乗客はフルフラットで横になれるほど広いスペースを持てるようになった。同時にブリティッシュエアウェイズは利益が多く残るビジネス席を20%増やすことができた。万年赤字だったブリティッシュエアウェイズの営業利益は年間8000億ウォンずつ増えた。イ氏は著書を通じ、「デザインはデザイナーのための自我実現の道具ではない。常に企業のリスクを考えなければならない」と強調した。

彼が働くデザイン経営センターは、尹富根(ユン・ブグン)サムスン電子社長の傘下組織だ。サムスン電子関係者は、「イ氏はサムスン電子製品全般にわたるデザイン革新を担当するだろう」と話した。サムスンはすでに数多くの外部デザイナーを迎え入れてきた。デザイン人材も1000人を超える。しかし製品デザインは好評と酷評を行き来した。その間にデザインの重要性はもっと大きくなった。スマートフォンなどの市場が成熟段階に入り性能がほとんど同じになったためだ。アップルがサムスン電子を相手にデザイン特許訴訟をするのもこのためだ。サムスンも痛感している。

デザインに特化した携帯電話として出した「ギャラクシーアルファ」は市場に無視され生産中断の危機にある。これに対し「ギャラクシーノート4」はデザインで好評を受け昨年第4四半期のサムスン電子の業績反騰の功臣となった。

デザイン革新という任務を引き受けたイ氏のデザインキーワードは「foresight」だ。データと経験に基づいて未来を想像し予測することを意味する。彼は「企業は予測できなくて滅びるのではなく想像できなくて滅びる」という言葉を好んで使う。イ氏は「いまは業務を把握する段階」として言葉を控えた。彼が踏み出す次の一歩に世界の電子業界の耳目が集まっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン、イ・ドンテ氏を招聘…アップルとのデザイン競争で切り札

    2015.01.15 09:03
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子グローバルデザインチーム長として招聘されたイ・ドンテ氏はS字形のビジネス席のデザイン(中)を通じデザイン経営の威力を立証した。ブリティッシュエアウェイズは2000年に座席デザインをこのように変えた後慢性赤字から抜け出した。右はイ氏が共同代表だったタンジェリンがデザインした中国ファーウェイの製品。
    TOP