주요 기사 바로가기

大韓航空側「ボビー・キム、補償望むなら話し合う」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.01.12 15:19
0
大韓航空側が、歌手ボビー・キムが望むならば補償について話し合うと明らかにした。

大韓航空関係者は12日、韓国日刊スポーツに「ボビー・キム事件とは別に、普通このような場合は乗客が措置を望めば話し合って合意したラインで補償する。まだボビー・キム側から公式的な連絡をもらっていない」と話した。

さらに「話が出た場合、話し合ってから決める問題だ。発券ミスについて謝罪はしたが、まだ調査中ではないだろうか。今すぐに補償についていかなる決定も下すことは難しい状況だ」と付け加えた。

こうした言葉は、ボビー・キムの2回にわたるチケット発券問題についての立場だ。ボビー・キムは今月7日午後、仁川(インチョン)空港に到着して事前に予約していたチケットを受けとった際、ビジネス席ではなくエコノミー席だった。この事実を知ったボビー・キムはいちはやく収拾を求めたが、大韓航空側は誤りを認めて追加措置は取らなかった。その後ボビー・キムはセキュリティー検査と出国審査に通過してKE023便に乗った。

しかしこの日、ボビー・キム(本名ロバート・キム)ではない別のロバート・キム氏が搭乗券を持って行った。ボビー・キムは機内に座った後、再び乗り換えカウンターに出て行って座席のアップグレードを要求したがこれは反映されなかった。大韓航空側としてはボビー・キムのマイレージが足りないといった。だが大韓航空側で検索したのは、別のロバート・キム氏の情報だった。すなわちボビー・キムではないまったく別人の情報を照会した後にマイレージが足りないといったのだ。

大韓航空関係者はさらに「乗り換えカウンターでマイレージ関連業務にミスがあったのはその通りだ」と認めた。当初の発券から座席アップグレードまで、ボビー・キムを2回にわたって怒らせた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大韓航空側「ボビー・キム、補償望むなら話し合う」

    2015.01.12 15:19
    뉴스 메뉴 보기
    歌手ボビー・キム
    TOP