주요 기사 바로가기

日本、宇宙線使い福島第1原発の内部状況調査へ

ⓒ 中央日報日本語版2015.01.12 14:07
0
日本の高エネルギー加速器研究機構の研究機関で、宇宙から地球に降り注ぐ宇宙線の中の粒子を活用して福島第1原発の原子炉内部の状況を把握する試みを推進すると共同通信が10日報道した。

日本の高エネルギー加速器研究機構は2月から福島第1原発の原子炉内部を調査する予定だ。今回の観測の目標は、原子炉内部に溶け落ちた核燃料の状態を把握するものだ。また今回の観測は宇宙線の中の高エネルギー粒子である「ミュー粒子」を利用して、エックス線写真のように溶け落ちた核燃料の位置や分布の範囲を把握できると共同通信は伝えた。

「ミュー粒子」は物質を透過する能力が高いが、ウランなど密度の高い物質にぶつかると吸収されたり進行方向が変わったりする性質を持っている。

 


関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP