주요 기사 바로가기

<新年記者会見>朴大統領、文書問題を公式謝罪「心が重く、申し訳ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.12 13:59
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が12日「チョン・ユンフェ文書」問題に関連して「今回の文書問題で国民の皆様に虚脱感を与えたことに対し、心が重く、申し訳ない」として国民の前で謝罪した。

朴大統領が青瓦台(チョンワデ、大統領府)内部文書流出問題について公式に謝罪したのは今回が初めてだ。

朴大統領はこの日午前、青瓦台の春秋館で開かれた新年記者会見で「これまでさまざまな事で社会を騒がせたようなことが再び起きないよう解決案をつくっていく」としてこのように明らかにした。

朴大統領は「国のために献身と奉仕をすべき立場にある公職者が、個人の立身出世のために規律を崩したことは、いかなる言葉でも許すことのできない、ありえないことだと思う」と強調した。

さらに朴大統領は「支障がなければ国民所得は4万ドルになる」、「公務員の年金を必ず改革して与野党に4月までの処理を要請する」、「消費心理を生かすには不動産市場を回復させなければならない」、「民間の長期賃貸住宅の供給を大幅に増やして住居費の引き下げにつなげる」などと明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP