주요 기사 바로가기

<新年記者会見>朴大統領、韓日関係について「日本の変化が重要だ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.12 13:40
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領は韓日関係について「日本側の姿勢転換、変化が重要だと思う」と話した。

12日の新年記者会見で韓日首脳会談の成功の有無についての質問を受けて、このように答えた。現政権で韓日首脳会談はいまだに実現していない。

朴大統領は「今年は韓日国交正常化50周年を迎える意義深い年なので、正しい歴史認識をもとに両国が新しい未来に向けて新たな出発をするきっかけになればという希望を持っている」と話した。さらに「首脳会談ができない理由はないが、過去のように期待を膨らませたのに関係はむしろ後退するようなことになってはいけない」として「条件をしっかり作って成功的な、意味のある、一歩でも前に進むような首脳会談になるようにすべきだが、困難がある」と話した。それと共に「日本側の姿勢転換、変化が重要だと思う」と述べた。

朴大統領は慰安婦の被害者について「その方々の年齢が高いので、早期に解決策が出てこなければ永久に未解決となってしまう」と憂慮した。それと共に「そうなれば、それは韓日関係だけでなく日本にとっても重い歴史の荷物になる」としながら「日本としてもその方々が生存していらっしゃる間にこの問題をしっかり解決することが大切なのではないか思う」と話した。

朴大統領は「アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会談で日本の安倍首相に会って、公式交渉を積極的に行って良い案を引き出すよう両国が実務陣をしっかり促そうと約束した」として「継続してこうした協議を今年も積極的に推進していくつもり」と話した。朴大統領は「国民の目線に合った、国際社会も受容できる案が導き出されるよう持続的に努力している」とした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP