주요 기사 바로가기

歌手ボビー・キム、機内で騒動起こし謝罪…「反省中」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.01.09 15:51
0
所属事務所側が歌手ボビー・キムの謝罪を代わりに伝えた。

ボビー・キムの所属事務所関係者は9日、韓国日刊スポーツの取材に対し「現在、米国サンフランシスコに留まっていて大韓航空の関係者に謝罪の意を伝えた。該当の女性乗務員は面会を負担に思っているため会うことができず、心よりお詫びしたい。私が全面的に間違っていた」と話した。

ボビー・キムは今月7日午後4時40分(日本時間)、仁川(インチョン)空港から出発する米国サンフランシスコ行きの大韓航空便に搭乗した。関係者たちによると、ボビー・キムは搭乗前から座席に対して不満を持ち、気分が良くなかったという。エコノミー席からビジネスに座席をアップグレードをしたが現場できちんと処理されていなかったためだ。大韓航空側はこの点に対して「事実関係を確認中だ」としてコメントを控えた。ボビー・キムは着席後、サービスとして提供された酒を続けざまに飲み、酔いつつあった。4~5時間経過後、泥酔状態となり大声で悪口を言うなど常識外れの行動を取るなどして騒ぎを起こした。

米航空関係者は8日、「離陸後5時間が経過したころ泥酔状態で2時間余りにわたって暴言を吐いた。機内乗務員がボビー・キムを落ち着かせようとしたが思うようにいかず、ジャンプシート(JUMP SEAT)に座らせた。飲み物と水を飲ませてボビー・キムを落ち着かせようと努力した」と話した。

問題はその後だった。サービスを提供していた女性乗務員に3、4回の身体接触および性的羞恥心を感じられるような言葉を浴びせた。関係者は続いて「女性乗務員がこのような事実を直ちに報告し、周辺に座っていた乗客もボビー・キムの行動を見て今後調査を受ける時に協力すると同意した。近くで2~3人の乗客がこれを見ていた」と付け加えた。

サンフランシスコ空港に到着したボビー・キムは直ちに現地警察の調査を受けた。肉体的な暴力行為はなかったため現場で逮捕されはしなかったが、さまざまな状況を考慮して今後法的措置もありうる状況だ。また他の関係者は「ボビー・キムは調査を受けて戻る時まで酒の臭いがしていた。今後、現地警察の調査に誠実に臨むことを明らかにした」と伝えた。

大韓航空関係者も日刊スポーツに対し「機内でこのような状況が起きたのは事実だ。現地で調査している。警察調査が終わらないことには公式立場を発表することはできない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    歌手ボビー・キム、機内で騒動起こし謝罪…「反省中」

    2015.01.09 15:51
    뉴스 메뉴 보기
    歌手のボビー・キム
    TOP