주요 기사 바로가기

「中国ボーナス」消える…LCD現地工場設立で韓国の輸出8%減(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.09 10:33
0
液晶表示装置(LCD)は韓国の代表的な対中国輸出品だ。中国輸出全体の約11.3%を占める。そのLCD輸出が2014年1-11月、前年比で約7.6%も減少した。何が問題なのか。

昨年12月1日に訪問した中国広州技術開発区のLGディスプレー工場。約12万平方メートル(約3万7000坪)の広い敷地に整頓された内部は、ここが最先端工場であることを感じさせる。LGは昨年7月、ここで最新モデルである第8.5世代LCDパネルの量産を始めた。55インチ・49インチ・42インチなど超高画質(UHD)とフルHDテレビ用LCDパネルを生産する。月間生産量は6万枚。2016年末までに最大12万枚に増やす計画だ。工場の増設も検討している。チェ・ジェイクLGディスプレー常務は「供給先が近くなり、生産と流通に速かに対処できる。物流コストも減った」と述べた。中国の物量はほとんど中国で調達するというのがチェ常務の説明だ。

企業としては当然の選択だが、国から見れば話が変わる。LGディスプレーが現地生産体制を構築し、輸出が減少した。サムスンディスプレーも蘇州に現地工場を設立した。LCD輸出が急減した理由だ。昨年1-11月の韓国の対中国輸出は前年同期比0.6%減少した。5年ぶりのマイナスだ。

専門家は経済学用語「人口ボーナス」(人口が引き起こした成長)に例えて韓国経済の「中国ボーナス」時代が消えつつあると分析している。「中国によって引き起こされた成長」が限界に達したという指摘だ。アン・ヒョンホ貿易協会副会長は「技術力が高まり、中国はほとんどの部品を自国で調達する『フルセット(Full Set)工業構造』を構築した」とし「韓国が中国の成長の恩恵を受けた時代が終わりつつある」と述べた。韓国の技術と雇用が中国に吸い込まれ、中国の成長がむしろ国内経済にマイナスな影響を及ぼしかねないという分析だ。
「中国ボーナス」消える…LCD現地工場設立で韓国の輸出8%減(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「中国ボーナス」消える…LCD現地工場設立で韓国の輸出8%減(1)

    2015.01.09 10:33
    뉴스 메뉴 보기
    情報通信技術(ICT)産業の新しいメッカに浮上している深センでは「モバイル」競争が激しい。世界の主要スマートフォンメーカーと中国現地企業が市場の主導権を握るため角逐している。昨年12月2日、深センの大型IT流通センター「華強北」の電子商店街入り口。通行人に隠れたサムスン電子のロゴが、シャオミ・華為など中国企業の激しい挑戦に直面し、しだいに居場所を失っていく韓国ブランドの姿を象徴するようだ。
    TOP