주요 기사 바로가기

米FBI局長「ソニー・ピクチャーズのハッキング、間違いなく北朝鮮」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.08 14:41
0
米連邦捜査局(FBI)局長の発言が話題となっている。

FBIのジェームズ・コミー局長は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)暗殺を扱った映画『ザ・インタビュー(The Interview)』を製作したソニー・ピクチャーズのハッキングの背後は北朝鮮だと確信していると述べ、今後の動向が注目されている。

今月7日(現地時間)、コミー局長はニューヨークのフォーダム大学で行われた国際サイバー セキュリティー会議で「ソニーに対する威嚇は北朝鮮が全面的に利用したIPアドレスで追跡できた」とし「北朝鮮が自分たちの正体を隠そうと偽サーバーを使った証拠がある」と話した。続いて「しかしハッカーがたびたび失敗を犯し、北朝鮮だけが接続できるサーバーを利用した」と説明した。

引き続きコミー局長は「今回のハッキングは歴代で最も深刻なサイバー攻撃だった」とし「北朝鮮が追加で攻撃する可能性がある」と明らかにした。

これに先立ち、同日、国家情報局(DNI)のジェームズ・クラッパー局長も「北朝鮮は米国が阻止しなければ米国の利益に反する攻撃を続けるだろう」と述べた。

一方、バラク・オバマ大統領は今月2日、北朝鮮政権とソニー・ピクチャーズのハッキング事件は関連性があると結論付け、北朝鮮の対南および海外工作業務総括機構である偵察総局と労働党幹部などを対象にした北朝鮮制裁行政命令を下したことが伝えられた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP