주요 기사 바로가기

「韓国防衛事業庁、軍需業者の独占保障で6000億ウォンを浪費」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.07 14:54
0
韓国防衛事業庁が軍需業者に独占的な地位を保障して6000億ウォン(約650億円)を越える予算を浪費したと監査院が6日、指摘した。

韓国政府は安定的な調達が必要な軍需品に対しては、競争入札ではなく防衛産業物資に指定して物品を購入している。しかし、技術の発達で競争市場が形成されたにもかかわらず、防衛産業物資の指定をそのまま維持している品目が全体1317個のうち237個に達し、2009年から2013年の間に少なくとも3818億ウォンの予算を浪費したと監査院は明らかにした。

2006年1月から2014年4月に、防衛事業庁が防衛事業推進委員会の審議を経ずに担当局長の専決で防衛産業物資に指定した物品も全体449個のうち407個(90.6%)に達するなど、合計6000億ウォン以上の予算を浪費した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP