주요 기사 바로가기

朴大統領「今年、経済立て直せる最後の機会」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.07 10:22
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領は6日「現時点で重要なのは、北朝鮮が南北関係の発展に対する誠意と実践の意志を行動で示してくれること」と強調した。朴大統領はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた新年初の閣僚会議で「北朝鮮が新年の辞において南北間の対話と交流で進展した意向を明らかにしたのは幸運」としながらこのように話した。

特に「今年は光復(解放)70周年であり分断70年になる年だが、韓半島(朝鮮半島)統一時代を開くための基礎作業をうまく推進していかなければならない」として「北朝鮮は早期に南北間の対話と協力の場に出てきて、韓国と韓半島の平和の定着、また統一のための具体的な事業を処理することを望む」と促した。

朴大統領は経済再生に関して「今年、経済を回復させることができなければ、韓国の経済を立て直せる最後の機会を失うという覚悟で渾身の努力を尽くすよう望む」と頼んだ。また「労働市場の構造改善は、雇用創出と所得分配の改善など韓国経済の好循環と持続可能な発展のために必ず成し遂げなければならない課題」とも話した。

朴大統領は「保身主義に浸っている金融市場など韓国社会の動脈硬化現象を解決するための経済体質の改善が必要だ」として「今年一年、公共部門をはじめ労働・教育・金融部門の先制的な改革を通じて行き詰まった部分を打破し、資源を効率的に配分できるようにしなければならない」と強調した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領「今年、経済立て直せる最後の機会」

    2015.01.07 10:22
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵(パク・クネ)大統領
    TOP