주요 기사 바로가기

韓国国防白書「北朝鮮核兵器が小型化…米本土を脅かし得る水準」

ⓒ 中央日報日本語版2015.01.06 16:56
0
韓国国防部は6日に発刊した『国防白書2014』で、北朝鮮の核・ミサイル脅威に関し、核兵器小型化能力は相当な水準に達しており、長距離ミサイル発射を通じて米国本土を脅かしうる能力を保有していると推定した。

この白書によると、「北朝鮮は数回の使用済み核燃料棒の再処理の過程を通じて核兵器を製造できるプルトニウム40キロ余りを保有していると推定される」とし「高濃縮ウラン(HEU)プログラムを進めているものと評価される。北朝鮮は3回の核実験を通じて核兵器を弾道ミサイルに搭載できる小型化能力も相当な水準に達しているとみられる」と明らかにした。

北朝鮮の長距離ミサイル脅威に関しては、『国防白書2012』では「2009年4月と2012年4月にもテポドン2号を推進体とする長距離ミサイルを発射したが失敗した」と記述していた。しかし、今回の国防白書では「合計5回の長距離ミサイル発射を通じて米国本土を脅かし得る能力を保有したと推定される」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP