주요 기사 바로가기

日本の交通事故死亡者、14年連続で減少

ⓒ 中央日報日本語版2015.01.06 14:59
0
日本における昨年の交通事故死亡者数が前年より5.9%減って14年連続で減少を記録した。

5日、日本警察庁の集計によると、2014年の死亡者数は4113人で、前年比260人(5.9%)減となった。日本の交通事故死亡者数は2000年9073人以降、着実に減少傾向を示している。

2014年交通事故死亡者のうち、65歳以上の高齢者は2193人で前年比110人(4.8%)の減となったが、比率では全体の53.3%を占めた。飲酒運転による死亡事故は前年より11件減った227件と集計された。

日本警察庁長官は「交通事故による死亡者が14年連続の減少となり、また、発生件数および負傷者数も10年連続で減少した。しかし、近年、飲酒運転や危険ドラッグ使用者による悲惨な交通事故が後を絶たないなど、交通事故情勢は依然として厳しい状況にある」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP