주요 기사 바로가기

韓国防衛産業、輸出36億ドル…過去最大

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.05 07:47
0
昨年の韓国防衛産業の輸出実績は36億1000万ドル(3兆9854億ウォン)と、過去最大となった。

防衛事業庁の関係者は4日、「暫定集計の結果、昨年末基準で韓国防衛産業の輸出額は36億1000万ドル」とし「2006年に防衛事業庁が発足して以来の最大値」と述べた。防衛事業庁が発足した2006年の輸出額は2億5000万ドル(2760億ウォン)だったが、8年間で13.6倍に成長した。

特に昨年は各種防衛事業の不正があったものの、前年度(2013年)の34億2000万ドル(3兆7756億ウォン)に比べ1億9000万ドル増えた。防衛事業庁の関係者は「防衛事業の不正は主に輸入過程で発生したため、韓国企業が生産した製品の輸出には特に影響がなかった」と説明した。

 
2014年は世界的に防衛産業業界が沈滞期だった。にもかかわらず韓国の実績は増え、韓国の防衛産業輸出順位は2013年の世界15位から昨年は10位圏に入ったと、防衛事業庁は分析している。防衛事業庁の関係者は「輸出の初期、韓国が販売していた製品は被覆と弾薬類に限られていた」とし「その後、艦艇や航空機、自走砲など付加価値が高い高価な武器を輸出し、輸出額が大きく増えた」と説明した。

韓国は昨年、マレーシアに哨戒艦6隻(3億ドル)を、フィリピンに軽攻撃機FA-50(4億ドル)などを輸出した。昨年末にはポーランドにK-9自走砲120門(3億ドル)を輸出する契約もした。輸出地域も東南アジアから欧州や南米などに多角化しているというのが防衛事業庁の関係者の説明だ。

防衛事業庁の関係者は「韓国企業が製作した武器を使用した国々から噂が広まり始め、武器購買のための問い合わせが増えている」とし「今年は40億ドル以上の武器輸出を期待している」と述べた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP