주요 기사 바로가기

<サッカー>「考え方変えるべき」基本を強調した韓国代表監督

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.12.29 17:49
0
韓国サッカー代表チームの監督に赴任して4カ月目を迎えたウリ・シュティーリケ監督(60)が考えた韓国サッカーの慢性的な問題は何か。シュティーリケ監督は基本に着眼した。

シュティーリケ監督は29日、アジア杯のベースキャンプ地であるオーストラリア・シドニーのマッコーリー大学スポーツフィールドで取材陣に会い、韓国サッカーの問題に対する自身の所見を明らかにした。

代表チームはかなり以前から低いゴール決定力、守備組織力の乱れなどの問題を見せていた。このような問題に対し、シュティーリケ監督は「技術・戦術的な部分よりサッカーに対する選手たちの基本的な考え方、アプローチ法そのものから変えなければならない」と冷静に指摘した。

シュティーリケ監督は選手たちのボールキープに対する考えから変えたいと話した。シュティーリケ監督は「韓国サッカーはボールを占有しようとせず、守備の方に多くの神経を使う」としながら「最大限、ボールをキープしてこれを活用するプレーを多くこなすことに集中している」と話した。ただボールを奪うことに汲々とするより、よく組まれた戦術に合わせて組織的に運営しなければならないという意味だった。

代表チームはオーストラリア入り2日目に午前・午後ともに活用する訓練日程を組んだ。長時間飛行からそれほど経っていないが、選手たちの訓練の雰囲気は明るい。シュティーリケ監督は「選手のコンディション調整に重点を置いている。大会開幕3日前までに身体状態を引き上げる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>「考え方変えるべき」基本を強調した韓国代表監督

    2014.12.29 17:49
    뉴스 메뉴 보기
    ウリ・シュティーリケ韓国サッカー代表監督
    TOP