주요 기사 바로가기

映画『ザ・インタビュー』、ユーチューブで興行1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.29 14:51
0
論議が巻き起こるなか先週公開された映画『ザ・インタビュー』がオンライン興行で快進撃を見せている。米国芸能専門誌『バラエティー』によると、『ザ・インタビュー』は25日(現地時間)にビデオ・オン・デマンド(VOD)式でオンライン上映を始めたYouTube(ユーチューブ)で最も多く再生された映画のトップに立った。CNNも「同作を製作したソニー・ピクチャーズはオンライン売上を公開しないとしていたが、クリスマスにYouTube映画で1位になった」と報道した。YouTube公式サイトによると、今月24日からオンライン上映が始まった『ザ・インタビュー』は3日目の27日午前3時にも『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ザ・メイズ・ランナー』等の映画をおさえて“最高の売上映画”のタイトルを守った。同日3時現在、YouTube公式サイトには『ザ・インタビュー』について15万3000人余りが「評価する」を選択し、「評価しない」は3万3000人余りだった。バラエティー誌は「『ザ・インタビュー』がYouTubeでベストセラーになっている」とした。

映画『ザ・インタビュー』は正式オンライン有料視聴だけでなく違法ダウンロードでも人気を独占している。CNN・FOX放送などは「『ザ・インタビュー』がオンラインで公開された直後、世界の違法ファイル共有サイトで75万件がダウンロードされた」と伝えた。これはファイル共有サイトであるBitTorrent(ビットトレント)などがオンライン視聴開始後20時間にわたり集計した数値だ。一部では、これをめぐり『ザ・インタビュー』製作会社であるソニー・ピクチャーズが米国でのみオンライン視聴を許可したため、他の国では違法ダウンロードを通じて視聴しようとした人々がいたとの解釈も出ている。違法ダウンロードや海賊版での視聴は主に中国が多く、今後『ザ・インタビュー』が北朝鮮に流れていく可能性が高まったという予想も出ている。ロイター通信は「中国のある動画共有サイトで、中国語字幕が入った映画『ザ・インタビュー』が少なくとも30万件の再生回数を記録した」と伝えた。

バラエティー誌はオフライン興行について「公開初日である25日に100万ドルの収入があったと推算される」として「(大型映画館チェーンでない)300カ所余りの独立映画館で公開されたにしては印象的なスタート」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP