주요 기사 바로가기

<野球>メジャーの1800万ドル蹴り4億円で広島に復帰した黒田(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.29 10:30
0
2006年10月16日、広島東洋カープのシーズン最後のホームゲームが広島市民球場で行われた。チームの成績はセリーグ6球団のうち5位だったが、ファンは日本シリーズのように大きな声援を送った。

ファンは広島の右腕投手、黒田博樹(39)の背番号(15番)が書かれたカードを持っていた。内野席の広告看板より数倍大きい横断幕を広げた後、そこに書かれた文字を一緒に読み始めた。「我々は共に闘って来た 今までもこれからも… 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる Carpのエース 黒田博樹」

当時、自由契約選手(FA)資格を取得した黒田は移籍を準備していた。1997年に市民球団に入団した黒田は2006年まで91勝81敗をマークし、「最下位チームのエース」として愛された。FAを取得したため資金力がある球団に行くのが当然の流れだった。

しかし黒田は広島ファンを見て気持ちを変えた。FAを放棄して広島に残留することにしたのだ。黒田は「僕が他球団のユニフォームを着て、広島市民球場でカープのファン、カープの選手を相手にボールを投げるのが自分の中で想像がつかなかった」と語った。黒田はメジャー進出を認めてほしいという条件だけを付けた。漫画のような話は翌年、日本で実際に漫画(『誰がために~黒田博樹物語~』)で出版された。

黒田は2007年、12勝(8敗)を広島に抱かせた後、LAドジャースと契約した。そして「力が残っている時に日本に戻る。もちろん広島で」と言って去った。すでに全盛期が過ぎた年齢(満33歳)だったが、黒田はドジャースが提示した4年契約の代わりに3年契約(計3530万ドル)を選択した。ドジャースで3年間に28勝(30敗)をマークした黒田は2011年、1200万ドル(約130億ウォン)に再契約した。
<野球>メジャーの1800万ドル蹴り4億円で広島に復帰した黒田(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>メジャーの1800万ドル蹴り4億円で広島に復帰した黒田(1)

    2014.12.29 10:30
    뉴스 메뉴 보기
    黒田が米メジャーの巨額オファーを蹴り、日本の古巣、広島に復帰する。日本メディアは「お金より義理」と絶賛した。ヤンキースで力投する黒田。(中央フォト)
    TOP