주요 기사 바로가기

日本の1人あたりGDP17%減少…OECD19位に下落

ⓒ 中央日報日本語版2014.12.26 10:59
0
日本の2013年のドル換算での1人あたり国民総生産(GDP)が、前年同期比で大幅に減少したことが分かった。

25日、日本の内閣府によれば2013年の日本の1人あたりの名目GDPは前年よりも17.2%減少した3万8644ドルと集計された。

これに伴い経済協力開発機構(OECD)の加盟34カ国中で、日本の1人あたりGDPの順位は2012年の13位から2013年は19位に下がった。

2013年の日本の名目GDP総額は4兆9207億ドルで全世界GDPの6.5%を占め、米国(16兆7681億ドル、22.0%)、中国(9兆1千811億ドル12.1%)に続き3位だった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP