주요 기사 바로가기

国産原発機密技術まで流出=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.24 08:26
0
「クリスマス(25日)までに原子力発電所の稼動を止めなければ原発を破壊する」と明らかにした原発反対グループが23日、ツイッターに5番目の資料4件を公開した。この日公開された資料には初めて技術機密が含まれていたことから、原発のセキュリティをめぐる論議が大きくなるものとみられる。

自称「原発反対グループ会長ミ・ヘク」はこの日午後3時7分、ツイッターに「韓国水力原子力のサイバー対応訓練はとても完璧だね。われわれを度々刺激してどうする」というツイートとともに4件の圧縮ファイルを上げ資料共有サイトのペーストビンにリンクを張った。

公開された圧縮ファイルの中には技術機密に分類される「原発安全解析コード」(SPACE)が含まれている。このコードは原発建設段階から完工後に起きる可能性がある各種状況をシミュレーションする電算プログラムで、韓国水力原子力が昨年1月に国産化に成功した。韓国水力原子力はこれまで一般技術資料だけが流出したと主張してきた。これに対してこれまで4回流出した資料が主に海外の原子力会社が作った原発装備図面だったという点から次元が異なるという指摘が出ている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP