주요 기사 바로가기

女優イ・ヨンエ、『BAZAAR』でグッチ特別グラビア公開

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.12.23 16:08
0
1/3
女優イ・ヨンエ(写真提供=BAZAAR)
ファッション雑誌『BAZAAR』は2015年1月号で、女優イ・ヨンエとグッチのコラボ特別グラビアとともに、これまでイ・ヨンエが行ってきたさまざまな分かち合い活動とその意味、長年記憶に残る女優としての抱負を明らかにしたインタビューを公開した。女優イ・ヨンエは今年3月、全世界の女性と女子児童の「教育・健康・人権」問題に対する認識向上と問題解決のためのグッチのグローバルキャンペーン「Chime for Change」に、アジア女優として初めて諮問委員団に加わり活動している。11月には香港でグッチのCMOのRobert Triefusに会って「Chime for Change」プロジェクトの中の「教育」に最も大きな関心を持っているという意思を伝え、韓国でも支援できる活動の必要性について説明したことがある。

またイ・ヨンエは「ベトナムにはベトナム戦争に参戦した韓国人男性とベトナム人女性の間に生まれた混血児が多くの偏見と困難を経験している。父親なしに現地に残った妻と子供は、まともな世話を受けられない」と現地の実情を知らせて、「劣悪な環境で基本教育さえ受けられない人々を実質的に助けたい」との意思を明らかにしてユニセフ(UNICEF)韓国支社に300万ウォンを寄付した。この寄付金は「Schools for Asia」プロジェクトを通じてアジアの女子児童や女性の教育の現実的な改善に使われる予定だ。

これだけでなくイ・ヨンエは、韓国で未熟児を出産した台湾妊婦の病院費を後援し、SBSドキュメンタリー『イ・ヨンエの晩餐』で韓国料理の意味と歴史、そして世界化のために先頭に立つことはもちろん、韓・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議の広報大使として活動するなど社会の多方面で活動を続けている。2013年からは忘れられていく韓国の周辺の文化遺産を保全するためのキャンペーン広報大使として活動している。

イ・ヨンエは『BAZAAR』とのインタビューで「結婚する前は自分の役割だけに忠実だったが、子供を産んで母親になる中で周辺を見回し支援できる余裕ができた。実は誰かを助けているという考え自体がややもすると傲慢になるかもしれないが、他人を助けることが結局は自分を助けることだと信じている」とし、「物質的には困難にある人々を助けるが、内的には自ら心が温かくなって一層多くのことを学び、ほかの人や状況への配慮が生まれて少なくともより成熟した人間になれる」と明らかにした。さらに彼女は「それで小さなことでも分かち合いを実践することを始めることが大切だ。小さな実践が次第に大きくなり、助けになる中で自分自身も心が豊かになるのを感じられる」とこれまで行ってきた分かち合い活動の理由と重要性を伝えた。

女優イ・ヨンエとしての独自の美しさと分かち合い活動に対する意志と歩みは、グッチとの出会いで解きほぐした2015クールズコレクションのグラビアとインタビューで、さらに詳しく確認できる。今回のグッチコレクションは新鋭のカナダ人アーティストKris Knightとのコラボレーションで、再解釈したフローラパターンを基に強靭ながらも魅惑的なスタイルを強調している。

2015年上半期の喜ばしい作品復帰のニュースと共にイ・ヨンエに最初に会えるグラビアとインタビューは『BAAAR』1月号とホームページ(www.imagazinekorea.com)で確認できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP